峯岸みなみ19位 速報値60位から躍進「ファンの手だけは離さない」

[ 2015年6月6日 19:14 ]

19位に入ったAKB48の峯岸みなみ(C)AKS

AKB48第7回選抜総選挙

(6月6日)
 AKB48の峯岸みなみ(22)は3万5506票を集め、19位だった。

 「19位まではい上がってこられるとは思わなかった」とまずは速報値60位からの大躍進に驚いた様子だったが、選抜メンバーまでには届かず無念の言葉も口に。

 「選抜に入れなくて悲しかったことは、ファンのみなさんの喜ぶ顔が見られなくなったことと、年内の卒業を発表した、たかみな(高橋みなみ)、いつ卒業してしまうか分からない(小嶋)陽菜。大好きな同期の2人と一緒に活動する時間が減ったことです」と涙。「1分1秒でも長くAKBの先頭を走っていたかったんですけど、追いつけない自分を情けなく思っていました」と声を震わせた。

 それでも、ファンへの感謝も忘れない。「こんなメンタルの強い心の広いファンの皆さんの手だけは離さないようにしたい」と力強く誓っていた。
 
 過去6回の選挙は16位、14位、15位、14位、18位、22位。AKB48の一期生は高橋みなみ(24)、小嶋陽菜(27)と峯岸だけ。開票速報では4719票で60位だったが、19位まで順位を挙げ最古参メンバーの意地を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年6月6日のニュース