満島ひかり ピョン吉の声担当「どうして私なんだろう?」

[ 2015年6月6日 05:30 ]

ピョン吉の声を演じることになった満島ひかり

 女優の満島ひかり(29)が日本テレビの新ドラマ「ど根性ガエル」(7月11日スタート、毎週土曜9・00)で、カエルのピョン吉の声を担当することになった。本人も「どうして私なんだろう?と驚いて笑ってしまいました」とコメントするほど意外なキャスティング。番組の河野英裕プロデューサーは「優しくて勇気をもらえる声と思う満島さんだからこそ、人間じゃないけど人間以上に人間らしいピョン吉に命を吹き込んでもらえると期待しています」と起用理由を話した。

 ドラマはすでに都内でクランクインしており、満島も撮影現場に参加。カメラに映らない場所で出演者と“共演”している。満島は出演オファーにこそ驚いたが、「なかなか巡り合うことのできない冒険のように感じています」と新鮮な経験に胸を高ぶらせている。

 また、松山ケンイチ(30)扮する30歳の主人公・ひろしの写真を入手。原作から16年後の設定だが、頭にかけた大きなサングラスと青いズボンはそのままだ。ピョン吉に引っ張られて飛んだり跳ねたりするシーンも見どころの一つで、松山はクレーンにつるされる激しいスタントにも挑戦。「撮影もど根性の連続です」と苦笑いしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年6月6日のニュース