愛之助の別れ方はアリ!?マツコ 音信不通でも「結果的に楽かも」

[ 2015年6月6日 12:57 ]

「第1回 TSUKEMAクイーン」表彰式で囲み取材に応じるマツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(42)が6日、都内のホテルで行われた「第1回TSUKEMAクイーン」表彰式に出席。歌舞伎俳優の片岡愛之助(43)と“泥沼破局騒動”の渦中にいるタレントの熊切あさ美(34)に「諦めると楽よ!」とマツコ流にアドバイスを送った。

 自身の幸せについて「結婚ねぇ…好きな人もいないのよね、しばらく」とボヤいたマツコ。そんな中、最近、幸せを逃した人として熊切について話が及ぶと「幸せになれると思っているからショックなのよね。妄想を肥大化しちゃダメ。そんなに幸せになれないでしょ」と持論を展開した。

 騒動では、愛之助の“別れ方”にも賛否が出ている。「私の場合は」と前置きした上で「最後会っちゃったら未練が残っちゃう。ちょっと冷たくされるほうがいい。私はそれぐらいのほうがありがたい」と理解。「音信不通にされちゃうぐらいがいい。やられたらイラっとはすると思うけど、結果的には楽かも。(直接言われたら)嫌だ!って言うもん」と続けた。

 とはいえ、熊切の年齢についても触れ「20歳そこそこだったらいいけど、一番きつい年代よね」としみじみ。「まだどうしても女としての幸せを手にしたいと思うわよね」と熊切を気遣い、「諦めると楽よ!」を前を向くよう、アドバイスを送っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2015年6月6日のニュース