戸田恵梨香“予告”失敗 身長を伸ばすどころか…逆に縮んだ

[ 2015年6月6日 14:22 ]

映画「予告犯」初日舞台あいさつで身長を計る戸田恵梨香

 映画「予告犯」の初日舞台あいさつが6日、都内で行われ、生田斗真(30)、戸田恵梨香(26)、鈴木亮平(32)らが登壇した。

 同映画は筒井哲也氏の同名コミックが原作。法律では裁かれない罪を犯した人々への制裁を“予告”のもとに実行に移していく物語。それに絡め、4月に行われた完成披露試写会で出演者がそれぞれ“予告”を行い、その結果がこの日の舞台あいさつで観客に伝えられた。

 戸田が“予告”していたのは「身長を2センチ伸ばす」というもの。この日、実際に舞台上で計測してみると、逆に縮んでいるという結果だった。鈴木は「歌手デビューする」という予告だったため、急きょ舞台上で歌うハメに。監督が書き下ろした「予告犯Kのテーマ」を踊りながら熱唱した。この曲は、予告犯の公式サイト上でストリーミング配信されることも発表された。生田から「これで正真正銘、鈴木亮平歌手デビュー!」と太鼓判を押され、苦笑いだった。

 ほかに濱田岳(26)、荒川良々(41)、メガホンを取った中村義洋監督(44)も登壇し、3人とも予告失敗に終わったことが発表された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2015年6月6日のニュース