「トラック野郎」相次ぐ訃報で…文太さん&キンキン追悼盤発売

[ 2015年6月6日 08:30 ]

「歌え!トラック野郎」のLPジャケット。CDジャケットはこのジャケットを少し加工したものになる

 人気映画シリーズ「トラック野郎」の菅原文太さん(享年81)と愛川欽也さん(享年80)の追悼盤が発売されることになった。タイトルは「歌え!トラック野郎スペシャル」で、主題歌や挿入歌などを収録したアルバムだ。映画公開40年を迎える8月12日に発売される。

 アルバムは2枚組で、76年に発売されたLP「歌え!トラック野郎」の音源を初めてCD化して収録する。2人で歌った主題歌「一番星ブルース」や挿入歌「トラック音頭」などが収められている。さらに、菅原さんのシングル「ニポポ」(75年)など3曲のボーナストラックもある。

 2枚組のもう1枚はサウンドトラックで、シリーズ10作の中からファンに人気の高い「爆走シーン」のBGMだけを集めた。

 発売元によると、今年映画の公開40周年を迎えることから、昨年10月にLPをCD化するプランを固め、今年3月に発売する計画で制作を進めていた。しかし、菅原さんが昨年11月28日に亡くなったため、発売を今年8月に延期。すると、4月15日に愛川さんが亡くなり、意図しない形で2人の追悼盤となってしまった。

 発売元の担当者は「まさかお二人が相次いで亡くなられるなんて考えてもいなかった」と振り返る。長距離トラック運転手の星桃次郎(菅原さん)と、子だくさんの「やもめのジョナサン」こと松下金造(愛川さん)による各地での珍道中を描いた作品。本来なら映画40周年を盛り上げていくはずの2人が直前に急逝したが、同担当者は「このアルバムで40周年を盛り上げることができれば」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2015年6月6日のニュース