“攻める”元女子アナ 長崎真友子がホリプロ入り、女優にも意欲

[ 2015年5月7日 08:08 ]

ホリプロ入りした九州朝日放送の元アナウンサー・長崎真友子
Photo By スポニチ

 元女子アナによる大胆なグラビアの先駆者、長崎真友子(29)が7日から、大手芸能事務所ホリプロの所属になった。

 キャッチコピーは「まだ誰のアナでもありません!“攻める”女子アナ!!」に決定。「こんなシチュエーションで撮影するんだ!?というグラビアや、そこまで話すの!?というトークを披露したい」と話している。

 福岡県生まれで、2008~11年に九州朝日放送(福岡市)で活躍。女優を目指して上京し、ドラマやグラビアなどで活動したが、トーク力を生かしたバラエティー番組への進出も視野にホリプロ入りを決めた。「女優も含め、幅広く“攻めて”いきます」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年5月7日のニュース