三浦涼介 人生初の丸刈り、受刑者役でバッサリ「役が広がれば」

[ 2015年5月7日 06:30 ]

人生初の丸刈りとなった三浦涼介(左)と茶髪の三浦

 テレビ朝日「仮面ライダーオーズ」(2010年~11年放送)に出演した人気イケメン俳優の三浦涼介(28)が、人生初の丸刈りになった。

 同局のドラマ「天使と悪魔―未解決事件匿名交渉課―」(金曜後11・15)の15日放送の第6話にゲスト出演。人を疑うことができない警察官(剛力彩芽)と、誰も信じない弁護士(渡部篤郎)が未解決事件に迫る物語で、三浦は自ら司法取引を持ちかける受刑者役。収録現場で、トレードマークの長い茶髪を約20センチ切った。「さらに役を奥から感じることができました。これを機に新しい三浦涼介を見せ、いただく役や作品が広がったらいい」と満足していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年5月7日のニュース