小向美奈子被告 出所後に結婚へ、懲役1年6月判決には控訴せず

[ 2015年5月7日 05:30 ]

出所後に結婚する意思を示している小向美奈子被告

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)罪に問われ、先月27日に東京地裁から懲役1年6月の実刑判決を言い渡されたタレント、小向美奈子被告(29)が控訴しない意向であることが6日、分かった。出所後に交際中の飲食店店員(36)と結婚する意思を示していることも判明した。

 知人ら周囲には「彼を凄く信頼している。早く結婚したいから、早く(刑務所から)出てくる」と話している。恋人との結婚をモチベーションに、素行良く服役し、刑期よりも早く仮釈放されることを想定している。ウエディングドレスを着ることを念頭に置いているのか、知人には「服役中に痩せたい」とも話しているという。

 小向被告は09年1月にも覚せい剤事件で逮捕・起訴され、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年5月7日のニュース