大谷、雄星が花巻東恩師と日本スポーツ学会大賞選出

[ 2021年12月29日 05:30 ]

エンゼルスの大谷翔平
Photo By スポニチ

 日本スポーツ学会は、エンゼルス・大谷、マリナーズからFAの菊池、2人の花巻東時代の恩師である同校の佐々木洋監督の3人を「第12回日本スポーツ学会大賞」に選出したと発表した。

 大谷、菊池はコロナ禍で苦しむ世界の人々を圧倒的なパワーとエネルギーで魅了したと評価。佐々木監督は人材育成を通じたスポーツ界への貢献により選出された。同大賞は過去に中日・落合博満監督らが受賞。授賞式は佐々木監督の母校の国士舘大で行われ、大谷らのビデオメッセージが寄せられるという。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月29日のニュース