中日・又吉 国内FA行使へ 阪神、DeNA、オリックス、ソフトバンクが動向注視 12・9交渉解禁

[ 2021年11月29日 05:30 ]

国内FA権を行使する意向の中日・又吉
Photo By スポニチ

 中日の又吉克樹投手(31)が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使する意向であることが28日までに明らかになった。29日以降に中日へ伝えればFA権を行使できる。宣言すれば、独立リーグ出身選手では初。中日は残留交渉を続ける。

 又吉は8年目の今季はチーム最多66試合に登板し、3勝2敗8セーブ33ホールド、防御率1・28。実働8年で通算400試合登板とタフさも兼ね備える。

 年俸はBランクのため獲得には金銭か人的補償が必要になるが、阪神、DeNA、オリックス、ソフトバンクなどが動向を注視。12月7日までに在籍球団に意思を通知すれば、同8日にコミッショナーからFA宣言選手として公示され、9日から他球団も含めて交渉が可能となる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月29日のニュース