イチロー氏が国学院久我山で選手指導 上田主将「来ると知らされていなかったのでびっくり」

[ 2021年11月29日 20:01 ]

国学院久我山高の指導に訪れ、笑顔を見せるイチロー氏
Photo By 代表撮影

 マリナーズで会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(48)が29日、秋季高校野球東京都大会を制し、来春の選抜高校野球大会の出場が有力な国学院久我山で選手指導を行った。また今後、年内に2校を指導予定となっている。

 イチロー氏の指導を受けた上田太陽主将は「今日来ると知らされていなかったので、最初見たときはびっくりした」とサプライズ訪問に驚いた。「やっぱりオーラとか世界と戦ってきた選手、日本を代表する選手だと思うので、その選手と走塁や、バッティングのアドバイスを聞けて、すごくいい経験になった」と振り返った。

 生で見たイチロー氏に「一人だけ輝いて見えました。全然違いました」。指導には「今までやってきたことと、イチローさんがおっしゃったことはかけ離れていた。そういうところもインプットして、自分のものにしていければ」と習得に意欲を見せた。

 来春の選抜に向けて「選抜もあるが、自分たちの目標は夏の甲子園ベスト8。その段階として選抜がある。そこに向かって行く中でイチローさんが来てくださったのは自分たちの力になる。そういうのを生かしていきたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月29日のニュース