オリックス助っ人 モヤとヒギンス、スパークマン退団へ バルガス、ラベロは残留濃厚

[ 2021年11月29日 05:30 ]

オリックス・モヤ
Photo By スポニチ

 オリックスのスティーブン・モヤ外野手(30)、タイラー・ヒギンス投手(30)、グレン・スパークマン投手(29)が今季限りで退団する可能性が高いことが28日、分かった。ジョーンズを含め計4選手が球団を去ることになる。

 19年途中に中日から移籍したモヤは日本シリーズ第1戦でヤクルト・奥川から代打で同点ソロを放つなど随所に存在感を発揮し、ヒギンスも今季リーグ2位タイの28ホールドを記録するなど救援陣の一角としてブルペンを支えたが、シーズン途中加入で登板6試合にとどまったスパークマンとともに、来季構想から外れた。一方、セサル・バルガス投手(29)、ランヘル・ラベロ内野手(29)の両選手は残留が濃厚だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月29日のニュース