イチロー氏「また、どこかで。ありがとう」国学院久我山で選手指導 「野球部よろしく」と声をかける場面も

[ 2021年11月29日 19:46 ]

国学院久我山高の選手の指導に訪れ、走塁練習を見るイチロー氏(奥右から2人目)
Photo By 代表撮影

 マリナーズで会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(48)が29日、秋季高校野球東京都大会を制し、来春の選抜高校野球大会の出場が有力な国学院久我山で選手指導を行った。また今後、年内に2校を指導予定となっている。

 イチロー氏は午後3時に同校を訪れ、フリー打撃や走塁を実演し、選手たちと一緒に汗を流し、選手からの質問には丁寧に答えた。

 イチロー氏は「今日はここまで。お疲れさまでした」と午後6時30分ごろまで指導した。練習が終了すると、ネットの外にいた一般生徒らから拍手が起きると、歩み寄り「野球部をよろしく」と自ら声をかける場面もあった。

 最後まで残っていた3年生数人と記念撮影を行い、「また、どこかで。ありがとう」と伝えてグラウンドを去っていった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月29日のニュース