×

Honda熊本が初戦突破!8回代打・持永V打 巨人2位のJR東日本・山田龍聖を攻略

[ 2021年11月29日 17:32 ]

第92回都市対抗野球1回戦   Honda熊本3ー2JR東日本 ( 2021年11月29日    東京D )

<都市対抗野球 JR東日本・Honda熊本>勝利し、片山(中央左)ら歓喜のHonda熊本ナイン(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 Honda熊本がJR東日本に競り勝ち、2回戦に進出した。

 2―2の同点で迎えた8回2死一、三塁から代打・持永健太朗外野手(27)が左前に勝ち越し打を放った。

 巨人からドラフト2位指名されたJR東日本の先発・山田龍聖投手(21)の直球を捉えた殊勲打に、渡辺正健監督は「彼は強い真っすぐにも対応でき、集中力はずば抜けている。よくやってくれた」と目を細めた。

 Honda熊本は昨年大会でも同じ11月29日に2回戦でJR東日本を4―1で下していた。

 ◇持永 健太朗(もちなが・けんたろう)1994年(平6)7月8日生まれ、福岡県出身の27歳。勝山中では行橋シニアに所属。筑陽学園高では甲子園出場なし。東農大を経て、17年からHonda熊本でプレー。1メートル70、78キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月29日のニュース