巨人・桑田コーチ 来季も“先発中5日制”「投げられない人はプロにならない方が」

[ 2021年11月29日 05:30 ]

巨人の桑田投手チーフコーチ
Photo By スポニチ

 巨人・桑田投手チーフコーチが来季も先発投手の起用に中5日を組み込む方針を示した。中4日を含む先発5枚でローテーションを形成した9、10月は43試合で6試合しか先発白星がなくV逸の要因になったが「米国だって中4日、5日で投げている。投げられない人はプロにならない方がいい」と語気を強めた。

 原監督は19年からの第3次政権下で常々、中5日を提唱。日本では中6日が一般的だが、日米でプレーした桑田コーチは「中5日はとか、中4日はとか言っているようではおかしい」と持論を展開した。今季は前半戦中に高橋、戸郷が勝ち星を伸ばしたが、後半戦で急失速。中5日のローテーションにも対応できなかった。「力不足ですよ。しっかり鍛えていきたい。彼らはできる」と力強く話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月29日のニュース