DeNA 中日・又吉獲りへ12・9交渉解禁即日アタック!争奪戦確実も大型契約準備

[ 2021年11月29日 05:30 ]

中日・又吉
Photo By スポニチ

 DeNAが国内フリーエージェント(FA)権を保有している中日・又吉克樹投手(31)が権利を行使した際は、交渉解禁と同時に速攻でアタックをかける方針であることが28日、分かった。

 今季の又吉はチーム最多66試合に登板し3勝2敗8セーブ、33ホールドで防御率1.28。プロ8年間で400試合に登板するタフネス右腕は熟考を重ねた末、この日までに権利を行使する意向であることが判明した。ここまで動向を注視する球団は、全球団が交渉可能となる12月9日に即日で交渉を行えるように準備を進めている。

 今季は三嶋、山崎ら抑えが不振で防御率は12球団ワーストの4.15。又吉の年俸はBランクで獲得には金銭か人的補償が必要だが6年ぶりの最下位に沈んだチームにとって獲得できれば補強ポイントを一気に埋められる。

 ソフトバンク、阪神、オリックスなどとの争奪戦に発展することは確実だが、条件面でも負けるつもりはなく、複数年など大型契約も準備。最下位から巻き返すため、まずは又吉獲りに全力を注ぐ。

 ≪FA手続き29日スタート≫プロ野球のフリーエージェント(FA)有資格者が権利を行使できる手続き期間が29日にスタートする。12月7日までに在籍球団に意思を通知すれば同8日にコミッショナーからFA宣言選手として公示され、9日から他球団を含め交渉が可能になる。今年は又吉(中)、梅野(神)ら97選手が有資格者として公示されている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月29日のニュース