TDK・三河 先制打で東北に1勝届けた 声出しで誓い有言実行

[ 2021年3月12日 05:30 ]

第75回JABA東京スポニチ大会第3日 予選リーグAブロック   TDK3ー1三菱自動車岡崎 ( 2021年3月11日    神宮 )

<三菱自動車岡崎・TDK>4回、TDK・三河が先制適時打を放つ(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 TDK・三河は両足の震えを抑え、打席に入った。「打撃は自信ないけど、自分で勝つって言ったし…」。4回2死一、二塁で初球の直球を振り抜くと打球は中前へ。先制打に胸をなで下ろした。

 試合前の声出し。偶然、大役が回ってきた。千葉県出身だが、秋田を本拠とする今大会唯一の東北の出場チームの一員として「3月11日は東北にとって一番記憶に残る一日。勝って幸せを届けよう」と声を張り上げた。両軍選手が1分間の黙とうをささげてプレーボール。この日は全3球場で黙とうが行われたが、特別な思いを胸にナインは戦った。

 意地の今大会初白星。秋田県出身の佐藤康典監督も「三河は守備の人だけど、よく打った」と称え、3・11の勝利には「ウチには宮城出身者がいるから、皆そういう思いがあったと思う。巡り合わせですかね」と話した。

 昨年、チームは7年ぶりに都市対抗に出場も初戦敗退。「都市対抗には大きな忘れ物をしたので、チーム全員で取りにいきたい」。意味ある白星をもぎとった三河は、前を向いた。(伊藤 幸男)

 ▼三菱自動車岡崎・野波尚伸監督(敗因について)守備のミスから失点したり、勝負どころの打撃も課題。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月12日のニュース