JFE東日本・本田 上手投げ再転向で8回無失点 1安打勝利に「結果出せて良かった」

[ 2021年3月12日 05:30 ]

第75回JABA東京スポニチ大会第3日 予選リーグBブロック   JFE東日本1ー0東京ガス ( 2021年3月11日    岩槻 )

<JFE東日本・東京ガス>8回無失点の好投を披露したJFE・本田(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 昨年の横手投げ転向から本来の上手投げに戻したJFE東日本の本田が8回6安打無失点の好投。「昨年秋に腰を痛め、都市対抗にはサイドで投げることを選択しました。このオフ再び上から投げようとやってきて結果が出せて良かった」と振り返った。

 打線は1安打で1点のみ。3回2死二塁から内藤の一塁強襲の内野安打が決勝適時打となった。珍しい1安打勝利に落合成紀監督は「こんなこともあるんですね。これも野球かな」と語った。

 ▼東京ガス・山口太輔監督(決定打が出ず)課題のバッテリーは成長してきた。あとはチャンスで打てること。これからやっていきます。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月12日のニュース