中日・高橋宏は修正力もピカイチ 初の打撃投手でバットもへし折る

[ 2021年2月26日 05:30 ]

プロ入り初の打撃投手を務めた中日・高橋宏(撮影・徳原 麗奈)
Photo By スポニチ

 中日のドラフト1位・高橋宏(中京大中京)が2軍の読谷キャンプで初の打撃投手を務めた。福留や大島らベテランも熱視線を送る中、渡辺、石垣に25球ずつ投げ安打性の打球は3本。最速150キロを計測した。

 渡辺には4球続けてボールと緊張の立ち上がりも「力任せに投げていたのを途中からバランスを意識した」と徐々に修正し、最後の25球目に150キロでバットをへし折った。2度空振りを奪った石垣には「手元でホップしてくる球でスピードを感じた」と言わせた。

 150キロを計3度計測したが「スピードだけ見たら数字はいいが、納得する球は全然なかった。ストライクゾーンで勝負できる球を磨かないと」と反省。きょう26日にキャンプを打ち上げ、名古屋に戻ってから実戦登板へ向けて調整を重ねる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月26日のニュース