ヤクルト・奥川 右足の張りでブルペン投球回避 高津監督「足がちょっと疲れている」

[ 2021年2月26日 19:32 ]

<ヤクルト浦添キャンプ>ブルペン投球をやめた奥川と話し込む高津監督(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの奥川恭伸投手(19)が26日、沖縄・浦添キャンプで右足の張りのため、大事をとってブルペン投球を回避した。

 いったんブルペン入りするも、立った捕手相手に数球投げた後に投球練習場から退場。キャンプイン前に組んだスローイングメニューを順調に消化していたが、高津監督は「足がちょっと疲れているということで。(今後は)確認の毎日になる」と説明した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月26日のニュース