今年の根尾は根を上げない キャンプ最後の実戦で適時打 対外7試合の打率・318で京田に対抗

[ 2021年2月26日 05:30 ]

練習試合   中日3ー4巨人(特別ルール) ( 2021年2月25日    沖縄セルラー球場 )

<巨・中>5回1死二塁、同点の右前適時打を放つ根尾。投手・高橋 (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ライバルの前で打った。キャンプ最後の実戦を「9番遊撃」で先発した中日・根尾が1点を追う5回1死二塁、左腕・高橋のスライダーを最後は右手一本で右前に一時同点となる適時打を放った。

 「どうにかチャンスを広げたかった」

 この日は京田も「2番DH」で先発し初回の第1打席で三塁打。先に安打を打たれたが「京田さんはレギュラー。自分は挑戦者なので、集中して自分のやれることをやろうと思った」と動じなかった。対外試合はこの日を含め7試合で22打数7安打、打率・318と好調を維持し「結果ももちろん欲しいが、内容も求めていきたい」とどこまでも貪欲だ。

 開幕まで1カ月となり本格的な戦力の絞り込みが始まる。「開幕1軍でレギュラーでショートに入っていることが目標」。エンジン全開でアピールを続ける。 (徳原 麗奈)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月26日のニュース