西武 27、28日ロッテ戦は今年初の有観客 上限3000人、チケットは「まだ余裕あります」

[ 2021年2月26日 14:48 ]

27日の有観客試合に備え、席に番号が割り振られた高知・春野総合運動公園野球場
Photo By スポニチ

 27、28日に高知・春野総合運動公園野球場で行われる西武―ロッテの2試合は、プロ野球で今年初となる有観客で開催される。

 上限は3000人。入場料は無料だが、ローソンチケットで入場券を申し込むことが必要だ。高知県観光コンベンション協会の関係者は「高知のファンはもちろん、県外の人にも1軍の試合を目の前で見てほしい」と話した。

 有観客での開催が正式決定したのは2月中旬。準備期間が短かったことに加え、ローソンチケットで入場券を申し込まなければならず、現段階で発券枚数は全体の4割ほどだという。

 「(コロナ禍の前なら)球場に来た人は順番に入っていただきましたが、今回はローソンチケットでの手続きが必要なので。まだ席には十分、余裕があります」と同関係者。割り振られた指定席は間隔を空けて用意され、当日は入場の際に検温などを行う。チケットは試合当日でも申し込みは可能。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月26日のニュース