日本ハム2軍キャンプ打ち上げ 投げるリハビリの斎藤「奇跡に近い」

[ 2021年2月26日 11:48 ]

日本ハムの斎藤
Photo By スポニチ

 日本ハムは26日、沖縄・国頭での2軍キャンプを打ち上げた。右肘じん帯断裂から再起を期す斎藤は最終日はノースロー。前日まで休日以外は連日200球近く投げており「肘の治療をして、ここまで投げられるということは、僕が言うことではないかもしれなけど、奇跡に近い」と振り返った。

 強度を抑えながら球数を投げることが治療の一貫。「投げてみて、体のことも勉強になりました」と話し、リハビリに終始しながらも実りあるキャンプを強調した。若手からも刺激を受け、今後は千葉・鎌ケ谷に戻ってリハビリを続ける予定。「1日も早く実戦に戻れるように」と前を向いて国頭のグラウンドを後にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月26日のニュース