オリ吉田正が「天敵退治」の手本示した 昨年3敗の西武・高橋から適時二塁打「OP戦から勝ちにこだわる」

[ 2021年2月26日 05:30 ]

練習試合   オリックス4ー4西武(7回降雨コールド) ( 2021年2月25日    SOKKENスタジアム )

<オ・西>1回2死二塁、吉田正は右翼線に適時二塁打を放つ(撮影・井垣 忠夫) 
Photo By スポニチ

 「開幕前哨戦」でチームに漂う苦手意識を払しょくした。「4番左翼」で先発したオリックス・吉田正が、初回2死二塁から開幕投手を務める西武・高橋のカーブを捉え、右翼線に先制の適時二塁打を放った。

 「チームとしてやられていたので。年間で最低4試合くらいは対戦するでしょうし、一発目で叩けるかが大事になると思う」

 主砲の一打がチームを勢いづけ、続くモヤも右前適時打。3番太田から鮮やかな4連打で2点を奪った。チームは昨季、相手右腕に9月8日の対戦で8回終了まで無安打に封じられるなど4試合で3勝を献上。そんな中で、吉田正は通算成績で打率・542、3本塁打を残しており「相手も進化しますし、打者は、その上をいくのが一番」と先頭に立って天敵を叩く構えでいる。中嶋監督は「この時期ですから相手の調整もあるけど」としたうえで「ずっと抑えられていたので、初回からいけたというのは目指しているところ」と素直に評価した。

 開幕戦は10年の勝利を最後に1分けを挟んでリーグワーストの9連敗中。「オープン戦から勝ちにこだわって戦う。今のチームにとって、勝ちグセを付けることが大切だと思うので」と吉田正。頼れる主砲が逆襲の旗振り役を担う。 (湯澤 涼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月26日のニュース