阪神・平田2軍監督 ドラ7高寺へ「都会の絵の具に染まっちゃダメだよ。上田のままでええねん」

[ 2021年2月26日 20:22 ]

阪神の平田2軍監督
Photo By スポニチ

 高知・安芸キャンプ最終クール2日目はあいにくの雨模様。室内練習場での限られた練習となったが、選手たちは精力的に汗を流した。28日は四国・香川との練習試合が行われる。好調を継続している板山、熊谷に平田2軍監督は…。以下は一問一答。

―明日先発の及川には何を求める
 「この前も4回、山川とかと対戦して良い経験したんでね。右打者の内角の直球の質、スライダーは良かった。5番の渡部を三振とった球なんか良かったんで。今はそう言った意味で直球もスライダーも精度が良くなってきてるからね、それを明日出してくれれば良い。テンポも良くなってるし、良い感じできている」

―望月も順調に回復
 「昨日も66球。昨日は見れなくて、感じは良かったですって指も見せてくれたけど、今日もキャンプの最初より良かった。球のかかりといい、直球の質も良かったからね。日曜日くらい投げるんじゃないの?」

―ブルペンではカットボールを練習していた
 「左打者のカットも良かったしね、カーブも上手く。去年のフェニックスは変化球が課題ということで取り組んでたけど、ちょっと調子戻ってきてるね、楽しみや」

―高寺は明日の試合に出場するか
 「11人しかいないからね。この前の西武戦みたいに後からになるのよ。11人しかいないから先に出て交代というわけにはいかないんだよ。この前はそれでも3打席まわってきたし、明日も後からになるけど」

―前回の西武戦では二塁打も
 「西武のドラフト2位の子いいね。NTT東日本か。直球速いなと思ったら、コーンってレフト線打ったから。大したもんだよ。良い球投げるもん、ドラフト2位の子。うちも狙ってたらしいよ」

―板山や熊谷も結果を残している
 「いやぁ、すごいなぁ。江越はホームラン打ったりして、あのぐらい打ちよるけど。3月に呼ばれた時に勝負できるように、ノーステップからすり足みたいに変えたりして。最後の実践で仕上げになるわね。これで3月一軍にもし呼ばれた時に、そういう姿を出す江越なんかは仕上げ、披露するところだな。板山と熊谷は言うことないわ、練習の時から。姿勢といい、バットの出とか実戦の内容も含めて」

―リハビリ組が昨日帰阪。中田の状態は
 「だいぶふくらはぎ良くなってたよ。思ったより軽かったんで安心してる。ただ、ふくらはぎなんで向こうは寒いから無理しちゃダメだよって話をした。やっぱりシーズン入ったら1軍で必要となる一人なんでね。ぜったい無理しないように。やっぱり冷えるやん?全然違うねんこっちとさ」

―高寺も順調にきている
 「まあ、まだ3日間あるからよく頑張ったとはまだ言わない。百里の道も九十九里を行って半ばとする。あと一里だと思うと気の緩みが出るからね。頑張ってるけどここで気を緩めさせたらだめなんだよ」

―高寺には声を出せと言い続けていた
 「高校生1人だからちょっと遠慮があったり、最初は緊張もしてたよ。まあ、去年は5人おったからね高校生が。食事も5人揃って食べて体重維持しろよって言ってたけど。高寺は1キロ落ちたけどさ、76キロから今75やねん。何とか75をキープしろって言ってる。ただあいつ食べるからね。小幡はちょっと食が細くて心配だったけど、あいつはよう食べるんで大丈夫。この運動量だからそりゃへばってると思うけど、よう頑張ってるよ」

―表情も変わってきた
 「うん、そうだね。都会の絵の具に染まっちゃダメだよってね(笑)上田のままでええねん。真田幸村、真田昌幸でな」

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月26日のニュース