ヤクルト・ドラ1木沢 3度目ブルペンで直球のみ37球 ストライクゾーンを入念確認

[ 2021年1月27日 05:30 ]

高津監督(右)が見守る中、ブルペンで投球する木沢
Photo By 代表撮影

 ヤクルトのドラフト1位の木沢(慶大)が、新人合同自主トレ3度目のブルペン入り。「今のはボールになりますか」とブルペン捕手にプロのストライクゾーンを確認しながら、全て直球で37球を投げ込んだ。

 キャンプ初日からブルペン入り予定の右腕。「本を読んだり、ネットフリックスを見たりしてリフレッシュできれば」とホテル時間を有効活用し1年目のキャンプを乗り切る。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月27日のニュース