ロッテ・福田秀、不振反省「期待裏切った。仕切り直し」8400万円増の1億2000万円でサイン

[ 2021年1月27日 05:30 ]

契約更改を終えた福田秀(球団提供)
Photo By 提供写真

 ロッテの福田秀がZOZOマリンで契約更改交渉に臨み、8400万円増の年俸1億2000万円でサインした。ソフトバンクからFA移籍した昨季から出来高を含む総額6億円の4年契約を結んでいる。

 移籍1年目の昨季は開幕直前に右肩甲骨を骨折し、62試合の出場で打率・216、5本塁打、19打点に終わった。「期待を裏切った。本当に仕切り直し」と反省する。外野陣は藤原、和田ら同じ俊足の左打者がそろうが「みんなで高いレベルで競い合っていければ、チームの力が上がる」と歓迎した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月27日のニュース