DeNA・浜口「開幕投手目指す。チームの柱となれるように」主戦投手の意気込み

[ 2021年1月27日 05:30 ]

キャッチボールをするDeNA・浜口
Photo By 代表撮影

 DeNA・浜口が自身初となる開幕投手を目標に掲げた。「開幕ローテーションを争う立場だが、開幕投手を目指すつもりでやっていく。チームの柱となれるように」と5年目を迎える主戦投手のプライドをにじませた。

 横須賀市の球団施設で今年2度目のブルペン入りし、立ち投げで約20球投げた。キャンプは昨年10月に左肩を手術したエースの今永がリハビリ組。浜口は昨季、今永の離脱が投手陣に与えた影響が大きかったとし「自分が先頭に立ち引っ張るつもりで」と意気込む。

 開幕投手は昨季チーム最多の10勝を挙げた大貫らとの争いとなる。「まずは三浦監督に認めてもらう存在にならないと。アピールしていくだけ」とオープン戦から内容も結果も求め、3月26日の巨人戦に照準を合わせる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月27日のニュース