中日・ビシエド 痛めた左肩は脱臼だった 患部固定で「毎日良くなっている」

[ 2020年11月9日 05:30 ]

10月28日の阪神戦で負傷し退場するビシエド(中央)
Photo By スポニチ

 中日のビシエドはリハビリのため訪れたナゴヤ球場で10月28日の阪神戦で痛めた左肩について脱臼だったことを明かした。

 3週間の患部固定中で、「毎日良くなっている」と順調な回復を強調。来春キャンプへ向けても「初日から普通の状態であることを期待しているし、しっかりした体で迎えられるんじゃないかと思います」と見通しを示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月9日のニュース