DeNA・上茶谷が自主練習 ブルペンで45球「オンとオフの切り替え意識」

[ 2020年4月2日 15:09 ]

DeNAの上茶谷
Photo By スポニチ

 DeNAの上茶谷大河投手が2日、横須賀市内の2軍施設「DOCK」で自主練習を行った。

 ブルペンで45球の投球練習やランニング、ウエートトレーニングで汗を流した。現在は新型コロナウイルスの感染防止の観点から報道陣の施設内の立ち入りが禁止されていることから、球団を通じて「モチベーションを高くキープしています。オープン戦や練習試合で出た課題を一つ一つ克服しています」とコメントした。「オンとオフをしっかり切り替えるように意識している」と寮の部屋ではゲームをするなどリラックスして過ごしているという。「手洗いやうがい、アルコール消毒をこまめにしています」と健康管理にも努めている。

 上茶谷は練習試合が休止となる直前の3月25日阪神戦で3回無失点と好投。ラミレス監督からも「非常に良かった。先発枠入り?かなりチャンスがある」と高評価を受けていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月2日のニュース