広島・岡田“永川フォーク”習得へ「無回転でもいいんだ…」と新発見も

[ 2020年4月2日 05:30 ]

永川コーチ(手前)から指導を受ける岡田
Photo By スポニチ

 広島・岡田は“永川フォーク”の習得に取り組んだ。大野練習場での2軍練習に参加。キャッチボール中に永川2軍投手コーチから指南を受けた。

 球団最多の165セーブを記録し、今季から2軍担当として指導する同投手コーチの勝負球。岡田にとっては持ち球の一つでも多投はしておらず、「上から叩いて押し出すイメージ。僕は回転をかけて落とすイメージがあったけど、無回転でもいいんだ…と思った」と発見があった。

 今季から救援へ転向し、オープン戦防御率9・00と結果を残せず2軍調整中。「直球だけで押すわけではない。打者によって、変化球も混ぜながら打ち取っていかないといけない」と課題を見つめ直した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月2日のニュース