社会人野球 日本選手権が中止 JABA地方大会、全日本クラブ野球選手権も

[ 2020年4月2日 14:31 ]

2020年JABA公式大会日程
Photo By スポニチ

 社会人野球を統括する日本野球連盟(JABA)は2日、新型コロナウイルス拡大の影響で日本選手権(7月2日開幕、京セラドームほか)の中止を発表した。また3日開幕の静岡大会を皮切りとしたJABA地方大会、全日本クラブ野球選手権(5月25日開幕、メットライフドーム)の中止も発表した。この日までのJABA理事会で承認された。

 連盟では感染者が急増する先週から各大会の運営方法を再協議。まず社会人単独チームNo.1を決定する日本選手権については有観客を想定した。しかし開幕は3カ月後ながら、先が見通せない状況下で全国からファンが密閉空間(ドーム)に集結するイベントは自粛すべきとの声が多数を占めた。また出場チームが公共交通機関を利用して遠征する際の危険性も指摘された。クラブ日本一を決める全日本クラブ選手権は鳴り物応援自粛など検討されたが、やはりドーム使用が懸念された。

 優勝チームが日本選手権出場権を獲得できる地方大会については当初無観客を掲げたが、先週来の首都圏の外出自粛要請を受け、中止にカジを切り替えた。

 日本選手権の中止は11年以来。同年3月に東日本大震災が発生したことで電力需要のひっ迫が予想されるため、8月末の都市対抗を約2カ月延期し、会場を東京ドームから同選手権会場だった京セラドームに変更して以来となる。

 なお今年の都市対抗(11月22日開幕、東京ドーム)については8月以降の同地区予選を含め、議論していない。

 ▼日本野球連盟・清野智会長 日本野球連盟は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から当面のJABA公式大会開催の可否について協議して参りましたが、収束が見通せない状況の中、完全な形での開催は難しいとの判断に至り「第45回全日本クラブ野球選手権大会」、「第46回社会人野球日本選手権大会」及び一部の今年度のJABA公式大会を残念ながら中止することといたしました。(以下略)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月2日のニュース