マー君、3月下旬に帰国していた 2週間の自宅待機中「引き続き責任ある行動を」

[ 2020年4月2日 14:52 ]

ヤンキースの田中将大投手
Photo By スポニチ

 ヤンキースの田中将大投手(31)は2日、米国での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月下旬に一時帰国したことを明かした。大リーグは3月26日に予定した開幕が延期され、感染爆発が続いていることで、いつ開幕できるのかは全く見通せていない。

 「3月下旬に家族と共に日本へ一時帰国しました。現在新型コロナウイルスの感染が拡大しているアメリカから日本に入国することで、私たちは現在何も症状はありませんが、それでも知らず知らずに誰かに感染させてしまうことはないか?逆に家族が感染してしまうのではないか?さまざまな想いがありました。ですが、キャンプ中断後もキャンプ地フロリダで生活していく中で、新型コロナウイルス感染以外でも身の危険を感じさせられる出来事があり、十分に注意をしながら一時帰国する決断をいたしました」とコメントした。

 現在は日本政府からの要請にならい、2週間の自宅待機中だという。「引き続き海外からの入国者として、責任ある行動をとっていきたいと思います」と結んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月2日のニュース