巨人、来季も坂本主将 退任申し出も原監督「日本一になってからバトンを譲ろう」

[ 2019年11月30日 05:30 ]

ティーショットを放つ坂本(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 巨人は坂本勇が来季も主将を務めることが決まった。「キャプテンだろうがキャプテンじゃなかろうが、ジャイアンツの選手である以上、常にそういう気持ちでやっています」と8年ぶりの日本一奪回を掲げた。

 原監督があいさつで「勇人、キャプテン頑張ろう。来季も頑張ろうな」と呼び掛けた。今季は就任後初のリーグ優勝に貢献し、球団の代表に退任も申し出たという。昨季までの4年間、優勝できずに責任を感じていたが、打率・312、40本塁打、94打点でリーグMVPも獲得。指揮官は「日本一になってからバトンを譲ろうじゃないか」と号令をかけた。主将は「早く(主将を)やれる選手が出てこないといけない」と若手の台頭を願う。チームを日本一に導き、バトンを渡す。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月30日のニュース