阪神・高山、六大学先輩・由伸氏から激励「力の半分くらいしか出せていない」

[ 2019年11月30日 05:30 ]

フォトセッションで笑顔の(左から)倉持明日香、高山、鈴木、高橋由伸氏(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 「2019 スカパー! ドラマティック・サヨナラ賞 年間大賞」の表彰式が29日、都内ホテルで行われ、5月29日の巨人戦で代打満塁サヨナラ本塁打を放った阪神・高山俊外野手(26)がセ・リーグ部門を受賞した。パ・リーグ部門はロッテから楽天に移籍した鈴木大地内野手(30)が受賞した。

 高山は、トークセッションにゲスト出演した巨人の前監督・高橋由伸氏(44)から「力の半分くらいしか出せていないと思う」と指摘された。さらに、うれしい言葉が続いた。

 「タイガースに足りないところをたくさん持っている選手。力を発揮してレギュラーになれば得点力は上がる。高山選手ががんばることで阪神の勝利の可能性が大きくなると思います。持っている能力を考えれば、レギュラーにならなくちゃいけない選手です」

 高橋氏が初めて指揮をとった16年にデビューした。新人王を獲った1年目、苦しんだ2、3年目を見られている。その上でこれだけの評価をしてくれた。東京六大学からドラフト1位…、右投げ左打ちの外野手…と共通点も多い。

 「“やらなきゃいけない”と分かっていましたけど、ああやって言ってもらえて、より一層というか、やっていかないといけないな…と思いました」

 同じ千葉県出身で少年時代の憧れだったという高橋氏の言葉は心に響いた。同時に来季への思いを再確認。福留、糸井のベテランと近本がいる外野は群雄割拠だが、好感触を得た今季と同じ調整を経て「2・1」に向かうつもりだ。

 「自分のスタイルで調整して臨んだのが今シーズンだったので。“開幕が早くなるから”と皆さんは言いますけど、毎年2月1日に100%に持っていくと思ってやってきましたし、今回もいつも通りです。大きくチェンジすることはなく、同じように100%に持っていきます」

 誰が見ても惚れ惚れする能力の一端を見せた今シーズン。真価が問われる5年目で、その全てを体現する。 (巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月30日のニュース