ロッテのドラ1、大船渡・佐々木の背番号は17 番号に込められた球団の思いは「170キロ」

[ 2019年11月30日 16:18 ]

ロッテとの交渉を終え会見する大船渡の佐々木(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ロッテにドラフト1位指名された大船渡・佐々木朗希投手(18)は30日、大船渡市内のホテルで交渉し、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で契約合意した。背番号は17に決まった。

 「まだ、実感はわかないんですけど、これから厳しい世界に入るので一生懸命、頑張っていきたい」

 高校生では史上最速となる163キロを記録した右腕に対し、球団側はチャップマン(ヤンキース)の持つ105・1マイル(約169・1キロ)の人類最速を超える170キロを期待。その思いのこもった「17」。松本球団本部長は「将来、170キロのスピードを出して欲しいとの担当スカウト(柳沼)の思いもありまして、17番にしました」と言葉に力を込めた。

 佐々木もスピードについては「自分の一番いいところだと思うので、そこは1番を目指して頑張って行きたい」とやる気をみなぎらせていた。

 ロッテの背番号17は08~14年まで成瀬善久が背負ったが、それ以降16年にナバーロが付けて以来空き番号になっていた。
 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月30日のニュース