高橋由伸氏が野球教室 下半身を使う重要性強調「続ければ少しずつうまくなる」

[ 2019年11月30日 15:00 ]

野球教室を行った(左から)西武・豊田コーチ、高橋由伸氏、西武・小関コーチ
Photo By スポニチ

 前巨人監督の高橋由伸氏(44)が30日、西武の豊田清新投手コーチ(48)、同・小関竜也新外野守備走塁コーチ(43)と都内で「花王アタックpresents 高橋由伸野球教室」を開催した。

 小学3、4年生と5、6年生を対象に2部構成で行い、ユニホーム姿の高橋氏が自らボールをトスするなど熱心に子供たちを指導した。

 質問コーナーでは体全体、とくに下半身を使う重要性を強調し、「今日やったことを継続してやってほしい。すぐにはうまくならないが、続ければ少しずつうまくなる」と子供たちを励ました。

 洗剤メーカーとして有名な花王の提供とあって、新製品の実演コーナーにも参加。新製品のプッシュ式洗剤を前に「今はなかなやらないけど、1人暮らしのときは自分でしていた。洗濯は嫌いじゃないです」と、親しみやすい家庭的な一面も披露した。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月30日のニュース