西武戦力外の高木勇 トライアウトMVP 今後はメキシカンLへの移籍目指す

[ 2019年11月30日 20:21 ]

<ワールドトライアウト>MVPに選出された高木勇人(右)は清原監督とガッチリ握手を交わす(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 神宮球場で国内外のプロ・アマ選手を対象にした「ワールドトライアウト2019」が開催され、今季限りで西武を戦力外となった高木勇人投手が参加。MVPを受賞した。

 「ワールドトライアウト2019」はNPBの12球団合同トライアウトとは別に、株式会社WorldTryoutが今年から運営。

 トライアウトは試合形式の実戦で行われ、高木勇は2試合目に先発。2回を無安打無失点で2三振を奪った。

 「ただ一生懸命に投げた。その結果が良かった。自分より若い人がいっぱいいて、すごく刺激になった」と高木勇。

 今後はメキシカンリーグへの移籍を目指しているという。今後のチャレンジのための資金として、クラウドファンディングで集めた中から支援を受ける。

 高木勇は「もっともっと頑張ります」とファンの声援に応えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月30日のニュース