ソフトB岩崎が納会ゴルフ“連覇” 周東は侍姿でプレー

[ 2019年11月30日 05:30 ]

TV番組企画の罰ゲームとして侍姿でプレーする周東(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの球団納会ゴルフが29日、福岡県嘉穂郡の麻生飯塚ゴルフ倶楽部で行われ、岩崎がグロス92(ネット70・4)で優勝した。

 昨年2度の右肘手術を受け欠席したが、2017年の優勝者。「去年はリハビリでゴルフに参加できず、実質“2連覇”なので敵はいないかなと思う」とスピーチし、笑いを誘った。今季の登板は2試合のみに止まった2017年最優秀中継ぎ投手が、来季に向けて勢いをつける王座奪還となった。

 一方、いでたちで一際目を引いたのは周東。地元テレビ局の企画で高橋礼、甲斐野との勝負に敗れて“侍”に変身。1ホールのみカツラを被り、袴姿で歩いた。育成1年目だった昨年はプエルトリコでのウインターリーグに出場し、球団行事には参加できなかったこともあり「楽しい。普段話せない方とも話せる」と充実の表情だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月30日のニュース