ソフトB・バンデン残留 新たに1年契約「改めて幸せを感じている」

[ 2019年11月30日 05:30 ]

ソフトバンク・バンデンハーク(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクはバンデンハークと新たに1年契約を結んだことを発表した。来日5年目の今季は腰痛や右肘痛の影響で2勝も、ポストシーズンは3試合に先発して日本一に貢献した。バンデンハークは球団を通じ「常勝チームが持つ特別な環境の中で、その一員としてまたプレーできることに改めて幸せを感じています」とコメントした。

 また、三笠GMはデスパイネ、グラシアルとはキューバ政府との話し合いを待っており、保留選手名簿から外れることを明かし「残留してもらいたいし、彼らもホークスでプレーしたいと思ってると思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月30日のニュース