球数制限に反応さまざま 明徳義塾・馬淵監督「1人の投手で勝てる時代でなくなった」

[ 2019年11月30日 05:30 ]

高野連 「球数制限」正式決定

明徳義塾の馬淵史郎監督
Photo By スポニチ

 日本高野連は29日、大阪市内で理事会を開き、来春の第92回選抜高校野球大会(3月19日から13日間、甲子園)を含む春季大会から「1人の投球総数を1週間500球以内」とする投球数制限の実施を決めた。今回の決定を受け、現場の反応はさまざまだ。

 明徳義塾の馬淵史郎監督は「1試合の制限だと代え時が難しいが1週間なら計算できる。1人の投手で勝てる時代でなくなった」と理解を示した。

 昨夏甲子園で吉田輝(現日本ハム)を擁して準優勝した金足農・中泉一豊監督は「やってみないと分からない。野球が変わるイメージがある」と困惑気味。日大三の小倉全由監督は球数制限には同意も、3連戦を回避する日程には「部員が少ないところはどうしても連投しないといけなくなる」と指摘した。今夏甲子園を制した履正社の岡田龍生監督は入学前からの故障予防を訴え「ケガで将来野球を断念することがあってはならない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月30日のニュース