日本ハム宮西“オープナー起用”の共有希望「“無駄づくり”を減らして」

[ 2019年11月30日 05:30 ]

現状維持で契約更改した宮西
Photo By スポニチ

 日本ハム・宮西がチームが今季採用したオープナー戦術について球団に提言した。現状維持の年俸2億円プラス出来高払いで2年契約2年目となる来季契約を更改した席上、改善への希望を伝えた。「リリーフ陣の“無駄づくり”を減らしてほしい。今日はオープナーなのかどうなのかの情報がブルペンに欲しい」。試合序盤から複数投手が肩をつくる状況が多発した結果「へばってしまった」と指摘する。短い回の先発を担った加藤や堀から聞いた、登板間の調整の難しさも告げた。

 夏場以降に急失速した今季5位を踏まえ、リリーフエースが代表となって「選手の意見を取り入れる球団だから」と発した声。「オープナーを批判しようというんじゃない。面白いと思うから、やり方を細かく練ってほしい」と口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月30日のニュース