巨人・山口がラスト行事「プレッシャーの中でプレーできたのは凄くプラス」

[ 2019年11月30日 05:30 ]

ティーショットを失敗し、がっくりの山口(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 ポスティングシステムを利用して大リーグ移籍を目指す巨人・山口が、巨人で最後の球団行事となる納会に出席した。巨人での3年間を「独特のプレッシャーがあるチームで、優勝して当たり前という環境の中でプレーできたのは凄くプラス」と振り返った。

 ポスティングの申請手続きが完了すれば週明けにも交渉が解禁される見込み。進ちょく状況については「僕は待ちなので」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月30日のニュース