13連敗中のヤクルト バレ先発復帰も4番には19歳村上 プロ初先発の同郷・山口を打ち崩せるか

[ 2019年5月30日 17:49 ]

セ・リーグ   ヤクルト―広島 ( 2019年5月30日    神宮 )

 2年ぶり13連敗中のヤクルトは30日、首位・広島と3連戦最後の1戦を戦う。

 前日29日は広島先発・大瀬良を苦手とする主砲・バレンティンがスタメンから外れ、代わりに4番へ抜てきされた19歳の村上が初回に逆転3ランを放つなど活躍したが、3―5で惜敗。この日はバレンティンがスタメン復帰を果たしたが打順は5番で、村上は前日に続いてそのまま4番に入った。村上の4番は3度目だが、バレンティン不在時以外での4番は初。

 一方、今月ここまで18勝を挙げ、月間19勝の球団新記録を狙う広島は2年目右腕・山口がプロ初先発。ともに熊本県出身の同郷で同学年の「山口VS村上」の行方が注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月30日のニュース