若鯉あっぱれ!2年目20歳の右腕・山口、プロ初先発で7回2死までノーヒット投球 圧巻の初勝利

[ 2019年5月30日 21:30 ]

セ・リーグ   広島13―0ヤクルト ( 2019年5月30日    神宮 )

<ヤ・広>プロ入り初勝利を挙げた山口(右)は緒方監督から祝福を受ける(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 広島の2年目右腕・山口翔投手(20)がヤクルト戦(神宮)でプロ初先発。7回2死までノーヒットノーラン投球を見せる快投を見せ、7回1安打無失点でプロ初勝利を挙げた。

 熊本工から2017年ドラフト2位で入団。5月7日の中日戦(ナゴヤD)でデビューしてからこれまで3試合にいずれもリリーフ登板し、計4イニングを無失点。4度目の登板で初めて巡ってきた先発の機会はチームにとって球団新記録となる月間19勝目がかかったマウンドとなったが、20歳の若鯉は動じなかった。

 初回から140キロ台後半の速球とスライダーを駆使して快調に飛ばした。13連敗中のヤクルト打線は3回開始前には早くもベンチ前で円陣を組んだが、1死から中村が四球を選んだだけ。7回2死から22人目の打者となった同郷・熊本の同学年・村上のバットをへし折りながらも左前打されて大記録は逃したが、続くバレンティンを空振り三振に斬って取り、8回の攻撃で代打が出て降板となった。

 山口の投球内容は7回で打者23人に対して95球を投げ、1安打無失点。8三振を奪い、与えた四球は1つだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月30日のニュース