東芝本大会出場 エース岡野、粘投2失点完投 逆転呼んだ

[ 2019年5月30日 05:30 ]

第90回都市対抗野球 西関東代表決定リーグ   東芝 7―2 JX―ENEOS ( 2019年5月29日    横浜 )

都市対抗出場を決め、喜ぶ東芝の選手たち
Photo By スポニチ

 東芝はエース岡野が9安打されながらも2失点完投。3回に1点を先制されたが、粘投で逆転劇を呼び込み、チームは41度目の本大会出場を決めた。

 27日の三菱日立パワーシステムズ戦で敗戦投手となった最速154キロ右腕・宮川から試合後「あさってお願いします」とおわびのLINEが届いた。「絶対、帳消しにしてやる」。エースは重圧を乗り越えた。目標は2010年以来となる8度目の都市対抗制覇だ。「宮川と2人でチャンスだと思います」。昨秋のドラフト漏れの悔しさを味わった岡野が、大一番で輝きを増す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年5月30日のニュース