巨人・岸田結婚 正捕手狙う22歳に「細身の美人」恋女房

[ 2019年1月5日 05:00 ]

巨人の岸田
Photo By スポニチ

 巨人・岸田行倫捕手(22)が結婚したことが4日、分かった。お相手は、大阪ガス時代に知人の紹介で知り合った元会社員で同学年の一般女性。「細身の美人」とほれる生涯の伴侶とともにプロ2年目に向かう。「奥さんのためにもしっかり活躍して、喜ばせてあげたい」と決意した。

 報徳学園3年時には高校日本代表で3番を打ち、4番の岡本につないだ。昨季は9月末に初昇格したものの出番はなく、大ブレークした岡本に追いつくためにも、まずは初出場を目指す。2年3カ月の交際を経て結ばれた最愛の人が作る「豚肉のしょうが焼き」は絶品で、「料理が上手で自分が食べたいものを作ってくれる。一緒にいて楽しい」とパワーに変える。期待の22歳が、競争が激化する正捕手争いに割って入る。

 ◆岸田 行倫(きしだ・ゆきのり)1996年(平8)10月10日生まれ、兵庫県出身の22歳。報徳学園では2、3年時にセンバツ出場。大阪ガスでは1年目から正捕手を務めた。17年ドラフト2位で巨人に入団。1メートル76、80キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2019年1月5日のニュース