星野氏命日 楽天 本拠に半旗 球団職員60人黙とうで追悼

[ 2019年1月5日 05:30 ]

半旗が掲げられた球場で星野仙一さんの命日に黙とうする楽天球団職員(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 星野氏が監督や副会長を務めていた楽天は楽天生命パークに半旗を掲げ、球団職員60人が午前10時に1分間、黙とうをささげた。

 この日は仕事始めで立花陽三球団社長は本社業務で不在だったが、コメントの形で「星野さんの“闘う気持ち”や“お客さまを大切にする気持ち”を継承しつつ、気持ちを新たに“RESTART!”しましょう」と職員にメッセージを送った。

 昨季は最下位に終わり、このオフには西武からFAで浅村を獲得するなど、石井一久GMの陣頭指揮の下で積極的な戦力補強を行った。今季のチームスローガンは「RESTART!日本一の東北へ」。星野氏が指揮して球団初のリーグ優勝と日本一に輝いた13年以来の頂点を目指す。 (重光 晋太郎)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月5日のニュース