日本ハム・清宮 2年目の漢字「福」の理由…「去年は“災”だったので」

[ 2019年1月5日 17:07 ]

<日本ハム自主トレ>今年の漢字1文字に「福」を選んだ清宮(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が5日、2軍施設のある千葉・鎌ケ谷で自主トレを公開。昨年末から右手首の違和感を訴えており、この日も打撃練習は行わなかったが、キャッチボールやノックを受けて約1時間半汗を流した。しばらく打撃練習ができていないことについても「走ったり、体づくりをしたり、全体的には充実している。(打撃練習再開時期は)トレーナーと話しながらになると思う」と説明した。

 プロ2年目となる今季の漢字には「福」を選択。「去年は(限局性腹膜炎や右肘痛などがあり)“災”だったので、“災い転じて福となす”ということで福にしました。福のある1年にしたいのと、弟(福太郎)も高校に入るので頑張ってほしいと思って」と笑顔で話した。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年1月5日のニュース