広島・中崎 “新技”習得じゃ「昇龍拳みたいな必殺技を覚えられれば」

[ 2019年1月5日 05:30 ]

広島の中崎
Photo By スポニチ

 広島・中崎は、「もっと上を目指せるように」と今年の漢字一文字を「昇」とした。

 自身初のタイトルとなるセーブ王を目標に公言する今季。そこで、今年の漢字一文字と絡めて、「昇龍拳みたいな必殺技を覚えられればいいですね」と不敵に笑った。昇龍拳は、格闘ゲーム「ストリートファイター」での代表的な必殺技。一撃必殺!?の決め球を求めて、直球も変化球をさらなる磨きをかける。

 昨季の防御率は2・71と3年ぶりの2点台に終わった。年が明けて、マツダスタジアムの施設開放初日にチーム一番乗りで練習した守護神。「去年以上のものを出していけるように自覚を持ってやりたい」と、赤ヘルの“ラスボス”としての覚悟を固めた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年1月5日のニュース